• [ 商品コード ] ML089
  • マジックランド
  • 【記念にどうぞ!?】厚川昌男賞受賞記念冊子 TOMOYUKI TAKAHASHI ひっくり返すカード〜増補・新手順付き!ゆうきともファン必携!〜
定期購読会員価格 1,150円(税込1,242円)です!

ゆうきとも氏が「厚川賞」を取った時に制作された記念小冊子!

1作品のみの解説ですが非常に良い作品!今回、新手順を増補!


どんな内容?

mML(マンスリーマジックレッスン)のマニュアルにもプロフィール・略歴の項に書かれていますから、ご購読の方は
ご存じだと思いますが、ゆうきとも氏「厚川昌男賞」の受賞者の1人です(2004年 第14回)。
この「小冊子」は、その時の記念に作られたもの。
本名の「高橋知之」名義となっていますが、間違いなくゆうきさんのことですのでご安心ください(笑)。

内容は、正味4ページのまさに「小冊子」で、解説作品はカードマジック「ひっくり返すカード」1点ですが、
2段構成、観客参加型の楽しい手順で、13のイラストを交えて詳しく解説しています。


また今回、mMLショッパーズでの発売を記念して、新手順を追加。
この作品の原理を活用し、さらに拡張・発展させた応用マジックが新たに考案されました。
こちらは初発表となります。

ぜひ、お楽しみください。


何ができるの?

「ひっくり返すカード」の現象は、以下の通りです。
(今回付加された手順については、後で触れます。)

デックを半分に分け、マジシャンと観客でそれぞれ持ちます。
いわゆる「Do As I Do」スタイルで、2人で同じようにやってみよう、と持ちかけます。

1枚のカードを、パケットの中央に半分だけ差し込みます。
片手だけで、突き出たその1枚だけをひっくり返してみてください」
と、まず観客にチャレンジしてもらいますが…なかなかうまくできません。
「難しいですよね?でも、これをさらに難しくするために、見えない状態でやってみましょう」
と、マジシャンはわずか数秒だけ、パケットを持った片手を背後に回します。
取り出してみると、そのカードは見事に裏向きにひっくり返っています。
カードを抜き出して表も改めますが、間違いなくそのカード…怪しいところはありません。

「続いて今度は、もっと凄いことに挑戦してみましょう」
と言って、マジシャンは、1枚でなく2枚のカードをパケットに差し込んで、しかも今回は
突き出た状態ではなく、中に完全に押し込んで揃えてしまいます。
「これは難しいですよ…」
と言いながら、ほんの一瞬だけ片手を背後に回し、すぐに前に出します。
「できました」
広げてみると、2枚のカードがちゃんとひっくり返っているではありませんか。
間違いなく、先ほどのカードであることを確認して演技を終わります。


ここがポイント!

風変わりなコンセプト…言ってみれば「トリックを使ったスタント」という意味合いでしょうか。
難しいことに挑戦して成し遂げる、というコンセプトは、ジャグリングフラリッシュに近い形であり、
観客にとってはとても興味深いようで、思った以上に「食いつきの良い」マジックとなっています。
しかも、「それがどの程度難しいことなのか」を第1段では観客自身にも体感してもらいますので
より一層、観客は注目せざるを得ません。
観客参加型の、非常に効果的な構成と言えるでしょう。

ノーセットのレギュラーデックで即席で行える重宝な作品。
しかも、演技後も何のクリーンアップも必要なく、エンドクリーンで、そのまま調べてもらうも良し、
他の手順に続けるも良し、極めて実用的です。

ビジュアルなマジックも悪くはありませんが、マジシャンの背後という「見えないところ」で
行われるマジックは、観客の想像力を掻き立てるという点で、独特の味わいがあります。

さて…

今回付加された応用手順に関しては、さらに「カード当て」の要素を加えたルーティンとなっています。
基本手順と同様の「Do As I Do」の形式で行うパートが、1段ではなく2段に増えていて、
よりプレイバリューの高い演技となります。
その後、たった今、観客の目の前で実証した、マジシャンの「カードをひっくり返すテクニック」を
活用して、観客のカードを当ててみせる、という、極めて「必然性のある」ロジカルな展開。
そして、裏側のトリック的な側面からも、非常に合理的で無駄のない手順となっています。
原案共々、ぜひご研究くださいませ。




創作の背景などにも触れられた、価値ある一冊。
さらに充実した、新手順の増補解説書付き。
ぜひお見逃しなく。

なお、この作品では、ある簡単なテクニック(技法)を使用しています。
(なぜ簡単かというと、マジシャンの背後で、観客には見えない状況で行うからです。)
ちなみに、この技法に関して、映像での解説をご覧になりたい方は、
mML(マンスリーマジックレッスン)54号に収録の「ビハインド・ザ・バック」をご参照ください。
この作品は、当該技法の「別の応用例」ともなっていますので、参考になることと思います。


こんな方にオススメ!

実用的なカードマジックをお探しの方に。
また、ゆうきファンの方には、記念として持っておくだけでも価値がある1冊です。



関連商品


↑『人はなぜ簡単に騙されるのか』

↑『一瞬で相手をリードするマジック心理術』

↑『魔法修行第7号』

↑『トランプタイム4』


↑『ワイズ・ワークス 7』

↑『ライブ・ワークス2』

↑『トランプの友 〜知の壱〜』

↑『トランプの友 〜知の弐〜』


↑『モダクラ劇場 8 DVD』

↑『ゆうきとものカードミラクルズ・第4集』

↑『奇術探究第7号』

↑『mML Vol.54』

  • [ 商品コード ] ML089
  • 価格1,200円(税別)
  • ポイント還元!25ポイント還元
  • 在庫希少
  • この商品を友達にすすめる
  • この商品について問い合わせる
  • 返品の条件につきまして
戻る