• [ 商品コード ] ML092
  • マジックランド社
  • 【幻の名品!】まぼろし3+1〜絶版だった伝説のマジックが、リバイバル!〜
※この商品を単独でご注文の場合、メール便送料250円がかかります。
 他のメール便対応商品と合わせて1,960円以上のご注文ですと、送料無料となります。

mML定期購読会員価格 1,440円(税込1,555円)です!
ショッピング会員価格 1,500円(税込1,620円)です!

名作復活!「透明」なカードにトランプの絵柄が浮き上がる!?

特殊素材「シースルーカード」を活用したユニークなトリック!


幻の名作が、ついにカムバック!


ここがポイント!

この用具のキモは、新素材ともいえる特別なカード。
プラスチック製の透明板に、細かい網点(ドット)が印刷された特殊なカードが4枚です。

サイズはトランプ(ブリッジサイズのカード)と同じくらい。
半透明と言いますか、ちょっと黒っぽいけど向こう側が透けて見える「シースルーカード」なのですが…
そのうちの1枚は、不思議なことに、ある操作で1枚のトランプの柄(表面)が見えるのです。
印象としては、透明な板が、フワァッとトランプに変化するイメージ。
そして、そのトランプはまた消えてしまう…まさに幻のごとく。
凄いでしょ?面白そうではありませんか?

これ自体が素材として珍しく、単純に「話の種」として見せるだけでも十分に相手の興味を引くほどのアイテム。
解説書では3つの使い方を解説していますが、これはあくまで参考例に過ぎません。
考えることがお好きな方は、触っているだけでいろいろな使い方を思い付くのでは?


何ができるの?

解説書に書かれた3つの「手順」をご紹介しましょう。

マジック1.まぼろしのごとく

まずは普通のデックから、観客に1枚のカードを選んで覚えてもらいます。

「カードの4種類のマークには、それぞれ守護霊のカードがあります…これが、それです」
4枚のシースルーカードを取り出し、
「皆さんには見えていないかもしれませんが、これがダイヤ、これがクラブ、そしてハートとスペードです」
と、4枚のシースルーカードを、1枚ずつ裏表あらためていきます。

その4枚を混ぜて、観客に1枚にタッチしてもらいます。
「おや!ダイヤの守護霊のカードに触ったということは、選んだカードはダイヤですね!?」
マジシャンの言っていることは当たっていますが、カードはどれも変わらないように見えます。

「信じていないようですね?守護霊に、数も尋ねてみましょう」
すると、信じられないことに、そのカードには突然、表が現れ、しかもそれは観客のカードとズバリ一致しています!

最後に、そのカードを他の3枚のシースルーカードに埋もれさせると…守護霊のカードは、またシースルー状態に戻ってしまいます
ビジュアルで、しかもミステリアスな珠玉のイフェクトです。

マジック2.テレパシー

ある程度の人数がいる場で、観客の1人に、アシスタント役として前に出てもらいます。
アシスタントの観客にデックから1枚のカードを選んでもらい、他の人には見せずに、自分だけで覚えてもらいます。

ここで「テレパシーを増幅するカード」と称して、シースルーカードを取り出します。
そして、アシスタントの観客に、そのシースルーカード越しに、選んだカードの名前を他の観客にテレパシーで送ってもらいます。

客席の誰かを指定してもらい、その人に、ふと思い浮かんだカードの名前を言ってもらうと…
なんと、アシスタントの観客が選んだカードの名前を、見事に言い当ててしまうのです。

ちなみに、これは「引っ掛けトリック」で、アシスタントの観客だけが不思議がり、他の観客は大笑い、という使い方。
会場の大多数が、マジシャンとグルになって秘密を共有するわけです。
一体感が生まれ、大いに盛り上がる演技となります。

マジック3.クレヤボヤンス(透視)

上記のトリックとは逆に、このマジックでは、アシスタントの観客が、他の観客が選んだカードをズバリ当ててしまいます
マジシャンではなく「観客が当てる」という点では共通ですが、こちらは、カード当てとして大多数の観客も不思議、しかし
おそらく一番不思議なのは、アシスタントの観客、という形になります。
どういうことかと言いますと…

アシスタントの観客が見ていない状況で、1枚のカードが選ばれ、他の観客はそれを見て覚えます。
アシスタントの観客に目を閉じてもらい、マジシャンはシースルーカードをその観客の目前に差し出します
観客に目を開けてもらい、「シースルーカードに何か見えますか?」と尋ねますが、アシスタントは否定
何も見えていないようです。
ところが、マジシャンがシースルーカードを揺り動かすと、アシスタントの観客の表情が変わります
「見えた、見えました!」
アシスタントは、他の観客が覚えたカードを、ズバリ言い当ててしまいます

このマジックでのシースルーカードは「占い師が使う水晶玉と似たような力を持っている」という説明。
演出としてユニークです。
他の観客から見た現象は「アシスタント役の人は透明なカードをずっと覗いているだけなのに、なぜ当てられたのだろう」というもの。
しかし、アシスタントは、水晶玉代わりの透明カードの中に、確かに目撃したのです…選ばれたカードのイメージを。


こんな方にオススメ!

奇抜で、素材的に面白く、いろいろ使い道がありそうなアイテム。
研究家の方にとっては、いじり倒して楽しく遊べる用具です。

が、単なる奇抜なだけの面白グッズというわけではありません。
実践で使えて、観客が真に驚くトリックです。
マジック用具は、実際にパフォーマンスに使ってこそのもの。
特にこの手の「変化球」的な小道具は、演技のスパイスとして抜群の効果を発揮します。

ビジュアルなインパクトを求める方にも、マジックに神秘性を求める方にも。
「まぼろし3+1」は、双方の期待に応えます。
観客の印象に残るマジックを演じたい方は、ぜひ、ご利用ください。



セット内容

・特別製シースルーカード:4枚
・パケットケース:1個
・解説書(日本語・5頁・図解入り)
(別途レギュラーデックはお手持ちのものをお使いください)



関連商品


↑『インクレディブル・トラフィックライト』

↑『いぬのさんぽ』

↑『BLANK(ブランク)』

↑『アルティメイト・インビジブルデック』

  • [ 商品コード ] ML092
  • 価格1,500円(税別)
  • ポイント還元!30ポイント還元
  • 在庫切れ

  • この商品を友達にすすめる
  • この商品について問い合わせる
  • 返品の条件につきまして
戻る