• [ 商品コード ] SM095
  • スクリプト・マヌーヴァ
  • 【使える理論書!】オーディエンス・マネジメント〜日本語版の書籍です!ぜひお読みください!〜
商品価格は、2,800円(税込3,024円)です!

パフォーマーのための、実際に役立つ実用的な演技論!

さあ、あなたも「観客とともに」ショーを盛り上げよう!



2012年。
この夏、スクリプト・マヌーヴァ社(株式会社リアライズ・ユア・マジック)が仕掛けた、素敵なサプライズ。
「タネや仕掛け以外の大切なこと」について深く掘り下げた海外文献の翻訳版である日本語書籍を、2冊同時刊行!

そのうちの一著が、この「オーディエンス・マネジメント〜観客と一緒にショーを盛り上げるための実践的演技論〜」です。
日本のマジック界に贈るこのビッグ・プレゼントを、皆さんも、ぜひ受け取ってください。


こんな方にオススメ!

マジックはライブでお客様に見て頂くエンターティメント。
オーディエンス(観客)がいることで初めて完成するアートなのです。

そのお客様に対して、実際のサロンやステージの場でどう接すれば良いのか。
どうすればお客様に好かれるのか、どうすればお客様とのやりとりの中で場を盛り上げていけるのか。

ここに書いてある内容を理解してもらえれば、今までと同じ演技をしても、何倍も違う反応が返ってくるようになります。
この機会にご自分の演技を、レパートリーではなくあなた自身を大幅にスキルアップさせて下さい。

コンベンションのゲストとして日本にも来ている、スエーデンのゲイ・ユンバーグ著(米津 健一[訳]・滝沢 敦[監修])。
B5判・ソフトカバー、173ページの読み応えのある書籍です。

現代は、マジックを学ぶのに映像派が主流の時代ではありますが…それでも「理論」だけは別格。
「考え方」を深く学び、他の人の思索の跡をきちんとトレースするには、映像というメディアは明らかに力不足。
書物には到底かないません。
映像商品(DVD)を主軸として送り出しているスクリプト・マヌーヴァ社が、今回、敢えてこの形の物を出してきた意味。
「大切なことを伝えたい」…という、そこに込められた「思い」を、感じ取ってください。

本書の内容は理論と言っても机上の物ではありません。
徹頭徹尾、実践的です。
研究家の方でなく、実際にパフォーマンスを志す方にこそ、読んで役立つ内容となっています。
単なる小手先のノウハウでない、あなたの「底力」となる本質的なセオリーが学べる一著です。


ここがポイント!

●『「今日の観客は悪かった」と思うことありませんか?』●

不思議な現象は起きている!なのに「ウケないなぁ」と思ったことはありませんか?

まったく失敗せずちゃんとできたのに、ウケない・・・。
ウケてるあの人と同じ手品をしているのに、盛り上がらない・・・。
そんなこと、ありませんか?

・もっとテクニックを磨けばいい!?
・もっと不思議なことができればいい!?
・もっとキャラクターを立たせたほうがいい!?

「ならば!」と、このようにお考えになったことがあるかもしれません。
しかし、テクニックや不思議さ以外に、大事なコトもあるのです!

●『真剣にならないといけないのは、観客のこと』●

大事なのは、目の前に座っているあなたの観客と繋がること。
なぜならショーの成功は、マジシャンがうまく手品をするかどうかではなく、「観客がどう反応するか」によって決まるからです。

観客とはどういうものなのか。
観客からマジックはどう見えるのか。
いい観客と悪い観客はどう違うのか。
マジックの雰囲気や不思議さを観客と共有するにはどうすればいいのか。
観客と信頼関係を作り、一緒にショーを盛り上げるにはどうすればいいのか。

「気まぐれ」な観客の正体付き合い方について、本著には20年以上のプロとしてのキャリアをもとにたっぷり考え抜かれた内容が書かれています。
観客とマジックが融合した、そんな演技をしてみたいとは思いませんか?

すべての現象で盛り上がり、ジョークでウケ、想定外のアクシデントで困惑すること無し!
観客への振舞い方、接し方、ショーの準備の仕方、心構えなどといった、全てのエンターテイナーが待ち望んでいた「観客と一緒に盛り上がれるショー」を作るための道しるべがこの本には書かれています!

ショーを盛り上げる最高のパートナーとして、観客と共により魅力的なマジック・ショーを作っていきたい、そんなあなたのための一冊。


どんな内容?

第一章 はじめに
著者について
タイトルについて
一体どういう目的でそのマジックを演じるのか
観客と直接コミュニケーションを図るために
本書の狙い

第二章 観客に焦点を合わせる
ミッション・ステートメント
観客の視点で考える

第三章 ホモ・ルーデンス
人は遊ぶ存在である
マジックに真剣に取り組もう
まるで子供が遊ぶ時のように考えてみよう
自由に滑るスラロームのように遊んでみよう
ゲーム要素を見つけよう
観客とのゲームを楽しもう

第四章 観客との約束――受け入れられるために
マジシャンとはどのような存在であるべきか
マジシャンに対する先入観や偏見について
良い観客と悪い観客

第五章 存在感――演者が醸し出す雰囲気
存在感と人間性の共有について
存在感こそ最も必要とされる素質である
パーソナリティの二面性

第六章 ステージ恐怖症を克服する
緊張するということ
好循環を作り出す
ステージ恐怖症を克服するための10の方法

第七章 人と人との絆を作り出す
褒めてもらうのではなく、共感してもらう
自分のことを気に入ってもらう
自ら実践してみよう
ひそかに試してみよう
観客との関係を深める10の近道

第八章 ステージ・アシスタント
なぜ観客に手伝ってもらうのか
アシスタントの選び方
アシスタントを適切にコントロールする方法

第九章 クラウド・コントロール
ショーの安全を確保する
クラウド・コントロールを容易にする4つのポイント
音響と照明について
ノン・オーディエンス
座席の配置

第十章 ショーを成功させるために
ショーの組み立てを考える時
仕事の申し込みがあった時
会場に入った時
ショーの真っ最中
楽屋に戻った時
演技はより良く出来る

第十一章 ゲームを通して身につけよう

謝辞

あとがき


【著者プロフィール】

ゲイ・ユンバーグ。
1952年スウェーデン、ハルムスタッド生まれ。
ルンド大学社会科学部卒業。

大学卒業後、水泳のコーチとして活躍。
育成した選手全員は全国大会のファイナリストになり、国際大会やオリンピックに出場した選手も数多くいる。

1981年よりマジシャンとしての活動を初め、ファミリー向けのショーから企業イベントまで手がけるようになる。
1985年より世界中のマジック・コンベンションで審査員を務め、2006年からはFISMのコンペティション・マネージャーも担当している。

現在自身で小さなアミューズメントパークを所有・経営している。
マジックショップも経営しており、今ではヨーロッパ最大級の規模を誇り、オリジナルのマジック・グッズやレクチャー・ビデオなどを数多くプロデュースしている。



セット内容

・オーディエンス・マネジメント〜観客と一緒にショーを盛り上げるための実践的演技論〜(日本語版書籍)
ゲイ・ユンバーグ[著]/米津 健一[訳]/滝沢 敦[監修]  B5判・ソフトカバー 173ページ





関連商品


↑『ファイブ・ポインツ』

↑『アスカニオのマジック』

↑『演技をしっかり作り込もう!DVD』

↑『カードマジックデザインズ』


↑『ユージン・バーガー・レクチュアー』

↑『再発見』

↑『The Essential(ジ・エッセンシャル) by 北原禎人』

↑『The Surgical(ザ・サージカル) by 北原禎人』


↑『マジカル・プレゼンテーションDVD』

↑『大原のこだわり』

↑『Crossover(クロスオーバー)』

↑『奇術探究第7号』

  • [ 商品コード ] SM095
  • 価格2,800円(税別)
  • ポイント還元!60ポイント還元
  • 在庫希少
  • この商品を友達にすすめる
  • この商品について問い合わせる
  • 返品の条件につきまして
戻る